アイドリング!!!の今後について考える

“フジテレビ発のアイドルグループ「アイドリング!!!」。
フジテレビ発なのに、なぜか地上波ではその姿をほとんど見ることなく、CS放送をメイン活動の
場としているグループだが、このところ本当に元気が無くなったと感じる。
理由は、度重なるメンバーの卒業。

そして、卒業メンバーの穴を埋めることのできる個性が登場しないことだろう。
基本的に、アイドリングのメンバーにはイジられキャラが多い。

誰かからイジられることでポテンシャルを発揮できるのだが、自分からアクションを起こせる人間は少ない。
その数少ない自発的メンバー、遠藤舞や菊地亜美といった主力が相次いで卒業する。
また、ビジュアル・握手会の主力だった後藤郁の突然の卒業発表。
あまりにも急激にメインメンバーが抜け始めたのだ。

結果、なんだかとっても中途半端なグループとなってしまった。

たとえ主力が抜けても、それをカバー出来るだけの人材がいれば良いのだが、今のメンバーにそれは望めそうにない。
一期生の二人を中心にグループを二つに分けて対決させるというテコ入れも行っているが、それもグダグダだ。
今後、一期生の外岡えりか、横山ルリカも卒業する時が来るだろう。
そうなると、グループの歌唱力も大幅にダウンする。

ただでさえ遠藤舞の卒業でソロパートを歌える人間がいなくなったというのに、だ。
CSとは言え、せっかく自分たちの冠番組を持っている稀有なグループなのだから、そのメリットを存分に活かして
勢いを取り戻して欲しいと心から切望する。

このページの先頭へ